2015年11月27日

記事紹介

製本関連記事

『ENGLISH JOURNAL』12月号 
「あっぱれ! ジャパニーズ FILE #93」
國方コックラムみどりさん(美術工芸製本家)のインタビューが掲載されています。

img_ej_jb01.jpg


http://www.alc.co.jp/ej/

(編集室)
posted by 東京製本倶楽部 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

製本講座/革手帳を作る[都内]

予告 受付開始日11/20(金)

革表紙の手帳をつくる

u15image.jpg

12月16日(水)  A 10:30ー12:30 / B 14:00-16:00 (同内容)
各回定員6名

料金はA・Bとも

会員:受講料3,844円(税込)教材費その他2,160円(税込) 合計6,004円
一般:受講料4,384円(税込)教材費その他2,160円(税込) 合計6,544円

受付開始日:会員・一般とも11/20(金)

定員6名ですので、予約・当日入金は不可です。
銀行振り込みでお申込みでの場合でも、開講3日前までに入金してください。

講師:内田由紀子(ルリユール工房講師)

持ち物:はさみ、カッター、筆記用具
西武池袋本店別館9階 池袋コミュニティカレッジ ルリユール工房

針と麻糸で紙を綴じて、しっかりした革の表紙の手帳をつくります。
真鍮の金具でとめるシンプルな手帳です。1年が終わった後、表紙を再利用して翌年の手帳にすることもできる構造になっています。
道具としては針とカッターに目打ちがあればつくることができる簡単な製本で、家でもう一度つくることも可能です。
中身はシンプルなマンスリーと無地の手帳になります。マンスリーが要らない方は無地の紙にかえられます。
スケッチ帳や旅行記としても活用いただけると思います。
革の色も何種類かご用意していますので、ぜひ自分だけの美しい手帳を作ってください。
初めての方にぜひ体験していただきたいプログラムです。

受付開始日:会員・一般とも11/20(金)です。
予約・当日入金は不可です。開講3日前までに入金してください。
体験見学不可


-講座のお申し込み・お問い合わせ先-

池袋コミュニティ・カレッジ
03(5949)5494(芸術係)
池袋コミュニティ・カレッジ
171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店別館(旧イルムス館)8・9階 (受付は8階です)
*《セゾン》カードをお持ちの方は、電話でお申込みいただけます

(ホームページからもお申し込みが出来ます。
http://cul.7cn.co.jp/categorys/category_53.html

(坂井)

posted by 東京製本倶楽部 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

紙染め講座[都内]

講座 紙作品をつくる人のための紙づくり [予告]
(募集開始は11月25日(水)の予定です)

糊染めとモデリング染め


teint017.jpg(糊染め)

koumori033.jpgkoumori028.jpg
(モデリング染め)


アクリル絵の具を使って、2種類の紙染め技法を実習していただきます。
糊染めは、絵の具にでんぷん糊を混ぜて塗り、粘りのあるうちに櫛などの道具で模様
を作っていく技法です。
モデリングの染め方は、ジェッソ(下地塗り用アクリル絵の具)を使って布や厚紙を
貼ったり重ね塗りをして、やや立体的な白い土台を作り、2日以上置いて完全に乾燥
させてから彩色していきます。
瞬発性が必要な糊染めと、計画的に作っていくモデリング染めは、対照的な制作方法
ですが、どちらもドラマティックな紙作りが楽しめます。
染めた紙はルリユールやカルトナージュをはじめ、いろいろな作品にお使いいただけ
ます。
初心者の方も受講していただけます。


■開講日・回数
2016年 1月19日(火)・2月16日(火)・3月22日(火) 3回
開講時間:(各回とも)18:30〜20:30

■カリキュラム
1回目>
モデリング染めの工程についての説明、1回目の土台作り、糊染めの実演・実

2回目>
糊染めの絵の具作り実習・自由制作、モデリング染め1回目の彩色・2回目の
土台作り(自由制作)
3回目>
モデリング染め2回目の彩色、糊染め自由制作

■会場
池袋コミュニティ・カレッジ 22番教室(ルリユール工房)
171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店別館(旧イルムス館)9階 22番教室 (受付は8階です)

■講師  ルリユール工房講師 坂井えり

■受講費用
受講料 10,692円
教材費その他  会員 5,052円 一般 6,672円
費用合計  会員 15,744円  一般 17,364円

■持参品
古新聞1日分・筆記用具・ハサミ・日本てぬぐい2本・歯ブラシ1本・エプ
ロンなど

募集開始は11月25日(水)の予定です

-講座のお申し込み・お問い合わせ先-
池袋コミュニティ・カレッジ
03(5949)5494(芸術係)
(ホームページからもお申し込みが出来ます。
http://cul.7cn.co.jp/categorys/category_53.html

池袋コミュニティ・カレッジ
171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店別館(旧イルムス館)8・9階 (受付は8階です)
*《セゾン》カードをお持ちの方は、電話でお申込みいただけます



ルリユール工房
http://www2.odn.ne.jp/reliure/


(坂井)
posted by 東京製本倶楽部 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブックカフェ企画展作品募集[都内]

『Book Lovers』出展者募集

装丁などに凝った手製本の作品、絵画・写真・文芸などの作品集、絵本、zineなどの冊子…などなど…
“本”をテーマとした作品であれば、表現方法は自由です。

開催日時:20016/3/9 〜3/27
応募締切:2015/12/20
出展費用:¥2,000
※出展内容の大幅な変更は、出展を中止させて頂く事があります。
 出展内容の変更・キャンセルに伴う出展費用のご返金は承っておりません。
応募規定:1人(グループ)1作品
サイズ:縦、横、高さのいずれかの長辺が、30cm以内
出展作品が分かるものを提出
・作品のジャンル、出展プランなど
・既存作品の有る方は、内容の分かる画像・説明など
※基本として、メールまたはメール添付での提出をお願いします。
 webなどをお持ちの方は、合わせてお知らせください。
 ご来店でお持ち頂く場合は、事前にご連絡ください。
 送付される方で、返却を希望される場合は、着払いにて返却致します。
※出展者は、選考の上決めさせて頂きます。
参加申込:下記を記載の上、メールにて送付してください。
件名  : Book Lovers 出展希望
送付先 : book(★)mo-to-ya.com  ※(★)を@に変えてください
内容  : 氏名|ご住所|お電話番号|応募規定の提出方法
※販売を希望される方は、その旨記載ください。

搬入搬出
搬入: 2016/3/6 までに
搬出 : 最終日17時〜
送付または、直接納品・搬出ください。
※詳細は決まり次第、ご連絡致します。
※搬出を送付にて希望される方は、着払いにて承ります。(梱包用資材はご用意ください)
注意事項:作品を自由に手に取って見て頂くカフェでの展示となります。
作品の管理には充分に気をつけておりますが、心配な方は、カバーをかけるなどの保護をお願いします。


MOTOYA Book・Cafe・Gallery主催
東京都渋谷区初台2-24-7
http://www.mo-to-ya.com/


(編集室)
posted by 東京製本倶楽部 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

展覧会[さいたま市]

縫い―その造形の魅力

2015年11月14日(土)-2016年1月17日(日)

開館時間
午前10時から午後5時まで 、土曜日・日曜日のみ午後8時まで(入場は閉館30分前まで)
月曜休館(ただし11月23日、1月11日は開館)、
月曜日が祝日の場合はその翌日(11月24日、1月12日)、年末年始(12月27日〜1月4日)

針と糸で形づくられる裁縫や刺繍。今まで〈美術〉の枠組みで紹介される機会はなかなかありませんでした。
服飾資料の一部など、たいていは脇役に配されてきたのではないでしょうか。
しかしながら、国宝である「天寿国繍帳」や「刺し子」のような民俗文化財、あるいは印象派の画家たちをも惹きつけた豪華な「着物」などを想起すれば、それらが造形として大いなる存在感を示していることがわかります。
刺繍のもつ絵画性、裁縫によって生みだされる面や空間、それを支える高度な技術と合理的かつ創造的な精神は、様々な縫いものから見いだすことができます。
他方、「縫い」の領域は伝統的に女性たちが担ってきました。
そこには、独特な生命感と伝承性、素朴な生活感情が豊かにあるいは切実に表されてもいます。

本展では、さいたま市が所蔵する愛らしい裁縫雛形を端緒として、
リズミカルな刺し子や模様刺し、表と裏で表情を変える粋な羽織、物語性あふれる刺繍など、
繊細でありながら大胆な縫いの造形を展示します。
さらに、現代のアーティストによる多彩な表現を紹介します。
インスタレーション、オブジェ、布絵、ドローイング、お細工物など、
それぞれから深遠なメッセージが伝わってきます。
改めて「縫い」の造形の魅力にご注目ください。
会場
うらわ美術館 ギャラリーABCD
http://www.uam.urawa.saitama.jp/tenran.htm


(編集室)
posted by 東京製本倶楽部 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする