2019年11月09日

製本マルシェのご案内

DM.jpg

このブログに辿り着いた方は、少なからず製本にご興味をお持ちの方だと思います。
2019年12月8日、お時間ございましたら『製本マルシェ』に遊びに来ませんか?

東京製本倶楽部では、倶楽部の会員が製本の道具や材料を持ち寄るフリーマーケットを開催することとなりました。
マーブル紙、箔押しツール、クロスや革、未綴じ本、製本道具に革漉き機などが並ぶ予定です。
倶楽部会員の出店の他、ドイツSchmedt社の箔押し機や製本道具の展示・実演やくじ引きなどの企画も予定しております。

昨今の手作りブームの流れも手伝ってか、東京製本倶楽部発足の20年前から比べると製本を習える教室やワークショップなども目に付くようになったと思います。製本というマイナーな世界も、少しずつ認知されてきているのでしょうか。

今回のようなイベントは倶楽部としては初めての試みなのでどのような雰囲気になるのか正直予想がつきませんが、人でにぎわう街角のマルシェのように、『製本マルシェ』が製本に興味のある方々が集い、交流する場になる事を願っております。

皆さま、ご来場お待ちしております!

================
製本マルシェ Marché de la Reliure

■日時:2019年12月8日(日) 11:00〜16:00
■会場:目黒区中小企業センター 第1・第2集会室 (入場無料)
  東京都目黒区目黒2-4-36
    http://megurokuchushokigyocenter.jp/access
■出店者 倶楽部会員17名
■主催:東京製本倶楽部
================

(さ)



posted by 製本部 at 00:01| Comment(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

展示会情報[都内]

◆タイポグラフィをめぐる書物の森
2019年9月2日(月)―10月11日(金)11:00–19:00 土日祝 /休
「紙」と「文字・印刷・造本」をキーワードに、グラフィックデザイナー・工藤強勝氏が独自の視点で選定したタイポグラフィにまつわる国内外の書物を一堂に展示。ウィリアム・モリス主宰の印刷工房「ケルムスコット・プレス」による19世紀末の貴重書も展示いたします(特別協力:モリサワ)。
見本帖本店
東京都千代田区神田錦町3-18-3
https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20190902.html


◆蔵書票の宇宙2019
2019年9月13日(金)−17日(火)12:30~19:00(日曜・月曜/祝日・最終日17:00)
9月15日トークショー「美しい蔵書票、制作秘話」青木康彦・江副章之介・田中栞 要予約
9月16日、17日 製本ワークショップ 講師:田中栞 要予約
会場/申込先:メゾンドネコ
東京都中央区京橋1-6-14 佐伯ビル2F 電話03-3567-8880
m-neko@office-taira.jp
http://www.office-taira.jp/m-neko/gallery/201909_zousho2019.html


◆「インキュナブラの時代」
2019年8月20日(火)−10月12日(土) 
9月17日(火)(休室日)に展示替えを行う予定です。
慶應義塾図書館(三田・新館)1階展示室 (入場無料)
開室時間: 平日:9:00-18:20 土曜:9:00-16:50
休室日:日曜・祝日、図書館休館日、9月17日
活字による15世紀の西洋初期印刷本をインキュナブラと呼びます。様々な変化と工夫を経て、現代の本のルーツとなりました。なぜ「印刷革命」と呼ばれ、今に至る影響力があるのでしょうか 。当時の技術の粋を尽くした活版印刷本の美と、そこから広がる疑問と謎解きの世界をお楽しみください。
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/exhibition/monthly_1.html


◆第31回慶應義塾図書館貴重書展示会
「究極の質感(マテリアリティ)−西洋中世写本の輝き−」
2019年10月2日(水)〜10月8日(火)  9:00〜21:00 最終日16:00閉場 入場無料
丸善・丸の内本店4階ギャラリー 
主催:慶應義塾図書館  協賛:丸善雄松堂株式会社
西洋の書物は、グーテンベルク以前の中世において既にひとつの完成に達していました。
羊皮紙に羽ペンで写字され、さまざまな顔料や金で彩飾された写本は、美しくも実用的な書物文化を作り上げています。
手書き写本ならではの質感をお楽しみください。
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/exhibition/annual_exhibition/



(藤井)
posted by 製本部 at 14:54| Comment(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

TOKYO ART BOOK FIAR 2019に行ってきました

湿気と本というのはあまり相性が良くはないというのもあってか雨の中行くのを少々迷いましたが、行けば結局半日楽しんでしまいました。
10回目の今年は東京都現代美術館を会場として、約300組の出展者が集まったそうです。
だんだんと規模が大きくなって、カルチャーイベントというよりも商業イベント感が増してきたのかな、という印象でした。

IMG_9607.jpg IMG_9609.jpg

手作り感が減ってきたというのか、個人の出展者でもキチンと製本業者さんが仕立てたような本が増え、以前はたまにあった、写真などの自分の作品を「とにかく本にしたいんです!」という勢いと情熱で手作りしちゃった感じの本が少なくなったのは、少々寂しい気もします。

そんな風にどのブースも「製本」という視点から見てしまうせいで、どうしても本の作りを先に見てしまい、出展者さんからすればアラ探しをしているような感じの悪いお客様に見えているかもしれません。。。

製本方法でいうと、2年前の前回は国内外を問わず和綴じの本が目についたのですが、今回はだいぶ減ったような気が。アートブックの製本方法にもブームがあるのでしょうか。

今回タバコ風の見た目の物を何点か見かけました。
新進のアーティストやリトルプレスなどが多く出展するZ Sectionに出展していたMADOという出展者さんは、若い女性の3人組で毎月1つのテーマで写真や詩を用いたZINE(ジン)を作っているそうです。今回は作品のサイズや喫茶店に置いてほしいなどの理由からタバコ風のパッケージに入れることにしたそうです。ご本人達も「3人とも吸わないんですけどね〜。」と言っているように世の中の禁煙の流れに逆行しているようですが、本・文学・タバコ・喫茶店というキーワードを並べてみると、なんとなくレトロへの憧れという感覚もあるのかもなんて、少し前のブログ記事「バット詩集」を思い浮かべつつ考えたのでありました。

IMG_9611.jpg

最後に、今回の戦利品フィリップ・ワイズベッカーの作品集「HAND TOOLS」より、糊刷毛のページ。
きっと製本道具好きの方はキュンとくるに違いない。
IMG_9622.jpg

(さ)
posted by 製本部 at 17:55| Comment(1) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

TOKYO ART BOOK FAIR 2019

TOKYO ART BOOK FAIR 2019が開催されます。
会期:2019年7月12日(金)− 7月15日(月祝)
会場:東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1)
https://tokyoartbookfair.com/

出展作家などの情報はこれから随時アップされていくので、時々チェックしようと思います。

行くと毎回、買いすぎ注意を自分に言い聞かせながらも数時間入り浸ってしまいます。。。
写真は2015年と2017年に購入したもの。並べてみると、自分が惹かれる系統が分かりますね。

tumblr_nv0r3vpkaV1uxcdexo2_1280.jpg

22196012_1691547687544762_6163937416446085913_n.jpg

2017年の開催時は入場規制が問題になって急遽事前予約や整理券が必要になったりしてゴタついていましたが、今回はスムーズな運営を期待してます!

(さ)
posted by 製本部 at 23:15| Comment(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

本に関する展示会[関東]

◆CUT OUT!切抜きの冒険 −「本をめぐるアート」コレクションより
4月20日(土)〜6月23日(日)
うらわ美術館 

◆【明星ギャラリー】明星大学貴重書コレクション展 ウィリアム・モリス −理想の書物を求めて−
第T期 3月22日(金)〜 6月22日(土)
第U期 6月28日(金)〜 9月21日(土)
第V期 9月27日(金)〜12月21日(土)
明星大学資料図書館 

◆ある編集者のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校
2019年04月27日〜2019年06月23日
世田谷美術館 

◆特殊文庫の古典籍
五島美術館、神奈川県立金沢文庫、東洋文庫ミュージアム、慶應義塾大学三田キャンパス(斯道文庫)、静嘉堂文庫美術館の5つの特殊文庫が連携し、東洋の古い書物を紹介する展示が行われます。

[五島美術館]
大東急記念文庫創立70周年記念特別展示
 2019年4月6日[土]〜10月20日[日]

[神奈川県立金沢文庫]
特別展東京大学東洋文化研究所×金沢文庫 東洋学への誘い
 2019年7月20日[土]〜9月16日[月]
 特別公開「国宝 文選集注」5月17日[金]〜7月15日[月]

[東洋文庫ミュージアム]
漢字展−4000年の旅
 2019年5月29日[水]〜9月23日[月]

[慶應義塾大学三田キャンパス(斯道文庫)]
「本の虫・本の鬼」センチュリー文化財団寄託品展覧会
2019年6月3日 [月] 〜6月28日 [金]

[静嘉堂文庫美術館] 
書物にみる海外交流の歴史〜本が開いた異国の扉〜
 2019年6月22日[土]〜8月4日 [日]
posted by 製本部 at 16:11| Comment(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする