2015年11月11日

紙染め講座[都内]

講座 紙作品をつくる人のための紙づくり [予告]
(募集開始は11月25日(水)の予定です)

糊染めとモデリング染め


teint017.jpg(糊染め)

koumori033.jpgkoumori028.jpg
(モデリング染め)


アクリル絵の具を使って、2種類の紙染め技法を実習していただきます。
糊染めは、絵の具にでんぷん糊を混ぜて塗り、粘りのあるうちに櫛などの道具で模様
を作っていく技法です。
モデリングの染め方は、ジェッソ(下地塗り用アクリル絵の具)を使って布や厚紙を
貼ったり重ね塗りをして、やや立体的な白い土台を作り、2日以上置いて完全に乾燥
させてから彩色していきます。
瞬発性が必要な糊染めと、計画的に作っていくモデリング染めは、対照的な制作方法
ですが、どちらもドラマティックな紙作りが楽しめます。
染めた紙はルリユールやカルトナージュをはじめ、いろいろな作品にお使いいただけ
ます。
初心者の方も受講していただけます。


■開講日・回数
2016年 1月19日(火)・2月16日(火)・3月22日(火) 3回
開講時間:(各回とも)18:30〜20:30

■カリキュラム
1回目>
モデリング染めの工程についての説明、1回目の土台作り、糊染めの実演・実

2回目>
糊染めの絵の具作り実習・自由制作、モデリング染め1回目の彩色・2回目の
土台作り(自由制作)
3回目>
モデリング染め2回目の彩色、糊染め自由制作

■会場
池袋コミュニティ・カレッジ 22番教室(ルリユール工房)
171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店別館(旧イルムス館)9階 22番教室 (受付は8階です)

■講師  ルリユール工房講師 坂井えり

■受講費用
受講料 10,692円
教材費その他  会員 5,052円 一般 6,672円
費用合計  会員 15,744円  一般 17,364円

■持参品
古新聞1日分・筆記用具・ハサミ・日本てぬぐい2本・歯ブラシ1本・エプ
ロンなど

募集開始は11月25日(水)の予定です

-講座のお申し込み・お問い合わせ先-
池袋コミュニティ・カレッジ
03(5949)5494(芸術係)
(ホームページからもお申し込みが出来ます。
http://cul.7cn.co.jp/categorys/category_53.html

池袋コミュニティ・カレッジ
171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店別館(旧イルムス館)8・9階 (受付は8階です)
*《セゾン》カードをお持ちの方は、電話でお申込みいただけます



ルリユール工房
http://www2.odn.ne.jp/reliure/


(坂井)
posted by 製本部 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ・講座情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

クロムコート染めの紙づくり講座[都内]

池袋コミュニティ・カレッジ ルリユール工房 講座


紙作品をつくる人のための紙づくり
「クロムコート染め」

image15jlb.jpg imageb11.jpg


光沢のある紙を、有機溶剤に溶いた染料で染め、透明感と奥行きのある美しい紙をつくります。
材料や道具の揃え方や染料の作り方、多様な技法をサンプルを作りながら学び、最後に自由制作として自分だけの紙を染めます。
染めた紙はルリユールやカルトナージュをはじめ、いろいろな作品にお使いいただけます。

■開講日・回数
10月13日(火)・11月10日(火)・12月8日(火) 3回 
開講時間:(各回とも)18:30〜20:30

■カリキュラム
1日目 クロムコート染めについての説明、染液の作り方、染めの技法の実演、サンプル作りをしながらの技法練習
2日目 染めの技法(応用編)、自由制作
3日目 他のクロムコート染め紙をみてから自由制作

材料、道具は基本的に1人ずつ準備しますので落ち着いて作業できます。最後に余った染液や紙はお持ち帰りいただけます。
欠席の方には、前回の内容のフォローをいたします。
エタノールやアセトンを使用しますので苦手な方はご遠慮ください。

■会場 池袋コミュニティ・カレッジ 21番教室 
171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店別館(旧イルムス館)9階 21番教室 (受付は8階です) 

■講師 ルリユール工房講師 内田由紀子

■受講費用
受講料   10,692円  
教材費その他  会員 8,616円 一般 10,236円 
費用合計 会員 19,308円   一般 20,928円

■持参品 古新聞1日分・筆記用具・割烹着など

-講座のお申し込み・お問い合わせ先-
池袋コミュニティ・カレッジ
03(5949)5494(芸術係)
池袋コミュニティ・カレッジ
171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店別館(旧イルムス館)8・9階 (受付は8階です)
*《セゾン》カードをお持ちの方は、電話でお申込みいただけます

(ホームページからもお申し込みが出来ます。
http://cul.7cn.co.jp/categorys/category_53.html

ルリユール工房
http://www2.odn.ne.jp/reliure/


(坂井)
posted by 製本部 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ・講座情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

ルリユール講座[京都]

ルリユールの時間  「パピヨンかがりの本」

papillon2.jpg

2015年10月24日-2016年3月26日(第4土曜日17:00-19:45)

ルリユールはヨーロッパではぐくまれた製本工芸です。
今期は、パピヨンかがりでハードカバーの本とノートをつくります。
お気に入りの本をお好きな布や模様紙を使ってオリジナルな一冊に仕上げましょう。

改装したいお気に入りの本を一冊お持ちください。(四六判単行本など、できれば糸かがりの本)

お申込み・お問い合わせ先
NHK文化センター京都教室
京都市下京区四条通柳馬場西入立売中之町99
四条SETビル3F
http://www.nhk-cul.co.jp/school/kyoto/

(藤井)
posted by 製本部 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ・講座情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

講演会[都内]

okamoto0725.pdf日仏図書館情報学会講演会
「もうひとつの書物文化 ルリユール」


2015年9月25日(金) 19:00〜21:00
講師:岡本幸治氏(製本家、書籍修復家)

okamoto0725.jpg
(PDFファイル)

フランス・ルリユール(工芸製本)の歴史、書物文化としてのルリユールの魅力、さらには書物保存における製本研究の重要性について、フランス国立図書館製作スライド「フランスのルリユール80選」映写とともに講演していただきます。
会場: 日仏会館ホール
参加:自由・無料・要申込み(定員50名。先着順)

申込先:お名前、ご所属を明記しメールでお申し込み下さい。
日仏図書館情報学会事務局 sfjbibdoc@yahoo.co.jp

主催:日仏図書館情報学会
後援:東京製本倶楽部
日仏会館
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25
http://www.mfjtokyo.or.jp/ja/guide/acces.html


(藤井)
posted by 製本部 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ・講座情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

研究会

日本出版学会/出版技術・デジタル研究部会2015年・第2回研究会
書誌学入門 〜和本を調べる技術


和本や漢籍と接する機会が少ない現代日本において、
その正しい取扱い方や調べ方を知る人は、大変限られています。
慶應義塾大学附属研究所・斯道文庫〈しどうぶんこ〉教授として長年、
書誌学の講義を行い、全国各地の和漢書の整理と目録作成を続けてこられた
大沼晴暉氏に、和漢書を調べる書誌学的技術の基礎知識をご教示いただきます。

講師:大沼晴暉(元慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授(書誌学))
著作/『図書大概』(汲古書院、2012年)
   『慶應義塾大学附属研究所斯道文庫蔵浜野文庫目録』(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫、2011年)

日時:2015年10月1日(木) 18:30〜20:30 ※要予約
会場:中央区立ハイテクセンター2階・第2会議室
中央区八丁堀3-17-9 京華スクエア2階 電話03-3551-3200
東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀」駅下車A3出口より徒歩2?3分
都営地下鉄浅草線「宝町」駅下車A1・A2出口より徒歩7?8分

申込み・問合せ先:日本出版学会事務局「出版技術・デジタル研究部会」
電話:03-3313-7347  info(@)shuppan.jp  ※(@)を@に変えてください
※「お名前、お電話番号、ご所属」を明記の上、お申込み下さい。
メールでお申込みの場合、満席でご参加いただけない場合のみ、ご返信します。
返信がないときは受付けされていますので、必ずご来場下さい。


(田中栞)
posted by 製本部 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ・講座情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする