2019年05月26日

西尾市岩瀬文庫のこと

全国には、魅力的な図書館や資料館、文書館がたくさんあります。
それぞれに、面白そうな企画展や情報発信をされているので、本好きとしては、興味がつきませんが、ここ数年、是非行ってみたい〜〜!!と思い続けている所があります。
それは、愛知県西尾市にある『西尾市岩瀬文庫』です。
未だ機会を得ず・・・・ではありますが・・・

西尾市岩瀬文庫
https://iwasebunko.jp

西尾市岩瀬文庫は、明治41年に西尾市の実業家である岩瀬弥助が創設した私立図書館で、平成15年、日本初の「古書ミュージアム」としてリニューアルし、平成20年には創立100周年を迎えられたそうです。

87d596bb7ec723e5efe05532be93b2dd.jpg

西尾市岩瀬文庫では、重要文化財を含む古典籍から、近代の実用書まで8万冊あまりの蔵書が保存・公開されています。

昨年、「岩瀬文庫図書目録」を入手しました。
なにかにつけて、この目録を開く事がありますが、その蔵書の充実ぶりには目を見張るものがあります。

IMG_1918.jpeg


HPを拝見すると、岩瀬文庫の蔵書は、そのほとんどが江戸時代以前の和本で、あらゆる分野の本がそろえられており、特に本草書の所蔵は4,000冊を超えるそうです。また明治から昭和初期に出版された実用書も多く現在では、入手困難な書籍も多々所蔵されているようです。

目録で、書名を追っていると『この本何が書かれるのだろう〜〜?』と思うことがしばしば。
例えば
『貝殻断面図案』平瀬與一郎(1913)
『江戸流行 菓子話船橋』船橋屋織江(1841)
『像のみつき』中村平吾(1729)
など。。。。。微妙に興味をそそられませんか?

一般には、古文書や典籍等を収蔵する史資料保存機関での閲覧は、ハードルが高く感じられることもしばしばですが、HPには「西尾市岩瀬文庫 古典籍書誌データベース」があり、書籍の内容にまで踏み込んだ書誌データが公開されています。
書籍名がわからなくても資料名一覧の「タイトル」から、その書籍がどのような内容か知ることもできるので、余り馴染みのない分野の書籍とも新たな出会いがあるかもしれません。

西尾市岩瀬文庫のHPを眺めながら、思いをつのらせています。


(T)
posted by 製本部 at 01:56| Comment(0) | No Category | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]