2018年04月24日

講演会[都内]

日仏図書館情報学会:講演会

モンテーニュ『エセー』と「特認(国王允許)」
2018年5月26日(土) 15:30-17:30
講師:宮下志朗 氏(フランス文学者)

活字印刷術が誕生すると、イレギュラーな形の「複製(コピー)」を制限したいという動きが出てくる。
それが「特認」(「国王允許」)。一般的に、この「特認」には「8年間」などの期限が設けられる。
では、ある著作が好評で「特認」を「延命」させたいときはどうするか?
モンテーニュの『エセー』が興味深い実例を示してくれる。(講師記)

会場 : 日仏会館501号室
参加無料・要申込

どなたでもご参加いただけます。(定員50名・先着順)
名前、所属を明記の上、下記までメールでお申込みください。
日仏図書館情報学会事務局 : sfjbibdoc★yahoo.co.jp (★を@に変えてください)

後援:日本フランス語フランス文学会
日仏会館 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25


(藤井)
posted by 東京製本倶楽部 at 18:25| Comment(0) | ワークショップ・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。