2015年10月15日

展示会情報[都内]

第27回慶應義塾図書館貴重書展示会
「活字文化の真髄 −日本の古活字版と西洋初期印刷本−」


会期:2015年10月7日(水)〜10月13日(火) 終了しています
会場:丸善・丸の内本店4階ギャラリー 
9:00〜21:00  最終日16:00閉場 入場無料
主催:慶應義塾図書館  協賛:丸善株式会社 協力:ミズノプリンティングミュージアム

かつて書物に印刷された文字は凸凹していました。活字印刷だったためです。
活字は「活きて」いると言われます。植字によって文字を自由に組み替え新しい文章を生み出すからです。
活字文化の真髄である東洋の古活字版、西洋の初期印刷本の競演をご堪能ください。

講演会・ギャラリートーク
<講演会> 4階ギャラリー内特設会場
(満席時にはお断りすることがございます。)
10月10日(土)
14:00 慶應義塾大学文学部准教授 安形 麻理
「活版印刷術の黎明−グーテンベルクとその周辺」
15:00 法政大学文学部教授 小秋元 段
「鎌倉幕府の歴史書『吾妻鑑』の刊行と徳川家康・秀忠」
10月11日(日)
14:00 早稲田大学教育・総合科学学術院教授 雪嶋 宏一
「ヴェネツィアからパリへ?活字で見るルネサンス文化の広がり」
15:00 慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授 高橋 智
「活字印刷の重宝?古活字版漢籍について」

<ギャラリートーク>
10月12日(月・祝) 
14:00 慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授 高橋 智(和漢書)
15:00 慶應義塾大学文学部准教授 徳永 聡子(洋書)

http://www.mita.lib.keio.ac.jp/exhibition/annual_exhibition/index.html


(藤井)
posted by 製本部 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック