2012年04月01日

豆本展[渋谷]

てづくり豆本展 〜現代作家9名による 小さな豆本の大きな世界〜

mamehon.jpg

豆本と呼ばれる小さな本は、日本では江戸時代後期からさかんにつくられ、愛書家たちに大切にされてきました。
てのひらサイズのものから約1mm四方のものまでさまざまな大きさ・形のものがあり、小さいものを愛好する心や印刷技術の精巧さを見ることができます。
今回ご紹介する9名の豆本作家はそれぞれが個性的だけでなく、本の装丁デザインも秀逸なものが数多く、一冊一冊が手作りで趣向を凝らした美術的要素に満ちています。
装丁に使われる素材や質感へのこだわりからは、作家たちの本をこよなく愛する心のぬくもりが伝わってきます。
「読む」ことだけに限定されない、作り手の楽しみや集める愉しみを、美しい装丁の豆本から感じてみませんか。

【参加作家】赤井都/どーる・HONOKA/中尾あむ/中尾エイコ/田中栞/よしのちほ/マスダユタカ/花霞堂/高田美苗

会 場:LOGOS GALLERY ロゴスギャラリー
    渋谷パルコ パート1 / B1F
期 間:2012/03/23 (金) −2012/04/04 (水)
    10:00〜21:00 ※最終日は17:00にて閉場
入場料:無料
主 催:パルコ
お問い合わせ:03-3496-1287(ロゴスギャラリー)
協力:日本豆本協会/gallery SER

(赤井都)
posted by 東京製本倶楽部 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック