2011年05月23日

日本の製本家たちへのお見舞い

日本の製本家の仲間たちへ

私たちがこのカタログの準備をしていた時に、
日本では大震災、津波、原子力発電所の損壊事故による被災など、
多大なる被害を受けました。

日本には多くの製本家の仲間がおり、私たちは彼らや、
彼らの家族、友人について思いを馳せました。
このカタログを彼ら仲間たちと、全ての日本国民に捧げます。
それはほんのささやかなことですが、この大きな苦難の時に、
私たちが深く同情し、友情を持って寄り添いたいとの気持ちを表すものです。


Marie Garrigue マリー・ガリッグ Faton社『Art & Metier du Livre』編集長        
Frorent Rousseau フロラン・ルソー APAR代表        
カタログの制作に関わった方々とこの展覧会に参加したプロ、アマ全ての製本家        




aml_ap.jpg

aml_appar.jpg

La Reliure de fil en aiguille (針と糸の製本)展
フランスの製本家の集まりAPAR (Assosiation pour la Promotion des Arts de la Reliure)が、
布を使った製本展をリエージュで開催。140点が展示される。
この展覧会のカタログ冒頭に、上記日本の製本家たちへのお見舞いメッセージを載せています。

8月28日まで
Musee des Arts Decoratifs, Hotel d'Ansembourg
114, Feronstree, 4000 Liege Belgique
月休 13-18h

カタログ 45ユーロ les Editions Faton

・・・・
Les femmes bibliophiles de Catherine de Medicis a la duchesse d'Aumale
シャンティ城にて、女性の蔵書家についての展示があります
6月27日まで
Cabinet duc d'Aumale, Cateau de Chantilly, 60500 Chantilly France

(近藤)
posted by 東京製本倶楽部 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/203409242

この記事へのトラックバック